個人的にお金貸します

どうしてもお金に困っている時に親族や例えば家族や友人などからお金を借りたいと考えている人が多いのではないでしょうか。

 

個人的にお金貸します?!親族や友人から個人間融資を受けたい

一体どんな言い訳をしたらいいのかはたまたお金はないということを率直に正直に話した方がいいのかと悩む人も多いのではないでしょうか

一番いいのが正直に話せるだけの理由があるとことなのですが、いかんせんそういう場合でもないですよね

例えばギャンブルで大きく負けてしまったなどの理由であればたとえ親しい間柄であったとしても相手からお金を借りることは難しいのではないでしょうか

つまりお金を借りるということには相手が納得する理由が必要また本気で困っているというような状況を相手に理解してもらうことが大事だと思います。

それでも、個人間融資にリスクはつきものですね。可能であれば、カードローンやクレジットカードのキャッシングでなんとか乗り切りたいというのが、人間の心情ではないでしょうか。

今回はそんなキャッシングに関する体験談を集めてみました。

キャッシングが便利?!個人間融資よりも手軽

アルバイトの人も生活しているわけですから、時には息抜きもしたいですしお金を使って遊んだりしたくなるものです。ですが、アルバイトの場合は収入が低いこともあって、つい使いすぎて生活がピンチなんていう場合も少なくないのではないでしょうか。

そんな時はカードローンのキャッシングが便利です。

実はカードローンのキャッシングはアルバイトの人でも利用が可能なのです。というのもカードローンの審査では『安定した収入があること』が条件となっており、毎月一定の収入がありさえすればアルバイトでもパートでも、学生でも主婦の方でも問題なく利用することができます。

ただし利用限度額については収入の額によってかなり差がでるため、正社員の方などよりは低くなるという点だけ注意は必要です。

中小よりも大手消費者金融のカードローン

大手消費者金融のカードローンであれば、最短30分で審査が完了し即日で融資を受けることも可能です。突発的な出費や医療費の準備にも、スピーディーさから利用するケースは意外に多いものです。

しかし、カードローンは医療費の準備には向きません。今や高額療養費制度により上限額を超えた金額が支給されます。また、生命保険や医療保険などにより医療費を補填することができます。

カードローンなどで長期に亘って返済することも少なくなっており、一時的な借り入れにより立替を行い、一括返済するといったことも可能です。しかし、カードローンは金利は高く設定されており、大手消費者金融でも上限18%が適用されることは少なくはありません。最大30日間の無利息サービスがあるといっても、それを超えると高い利息が発生することになります。ですが、目的ローンを選択することでより低い金利で借り入れすることができます。

カードローンのように自由に借り入れはできないものの、金利が4%以上低くなることもあります。急いでいるから手軽に申し込めるカードローンを選択せず、金利の低い目的ローンを医療費の準備には活用しましょう。

キャッシングの自動契約機が便利

自動契約機と言えば、スタッフがいない契約ルームで申し込みから審査そして契約が受けられます。

WEB完結契約も実質的には、無人対応となります。

しかし、これらは無人だからといって自動対応で審査が行われるというものではありません。一部の審査は自動化されているものの、最終的にはスタッフが対応します。結果、審査対応が行う際にも順番待ちが発生します。オペレーターが複数の自動契約機を管理したり、WEB完結契約では複数の申し込みに対応するなどといった状況です。特に注意が必要なのは、土日祝日といった場合です。

平日とは異なり、対応するスタッフが限られるなど急いでいる時にはそれなりの準備が必要になります。自動契約機を利用するのであれば、申し込みをインターネットから済ませて自動契約機が設置されている契約ルームでの手続きを減らすことが重要です。また、WEB完結契約の場合は営業時間前に申し込みを済ませて、営業開始から早い時間帯に結果を受けられるように準備することが重要です。

キャッシングの注意点も紹介

消費者金融のキャッシングを初めて利用してみたいと思っている方がぜひ注意していきたいポイントとして総量規制の存在があります。

この総量規制というものは消費者金融のキャッシングをはじめとしてクレジットカードのキャッシング枠などのサービスの利用に大きく影響してくるルールで、このルールでは消費者は自身の年収の三分の一までという金額が最大に借り入れられる限度額となっています。

それ以上の金額を借り入れたととしてもこの総量規制の存在によって消費者金融業者や信販会社といった貸金業者からの借り入れはすることができません。そのため、年収の三分の一を超えるような金額の借り入れを希望する場合には消費者金融のキャッシングにプラスして銀行カードローンなどを併用する必要があります。

 

ということで、体験談を集めてみました。

あなたの融資の参考にしていただければと思います。