誰か10万円貸してください

数百万単位のお金が必要になるケースというのは例えば車を購入したい引っ越し屋海外旅行に行く必要がある挙式の準備や大学への進学が決まった時など 人生におけるターニングポイントで大金が必要になるケースがありますよね

100万単位での借入が難しいが、10万ならば解決策もある?!

それ以外であれば自信が行っている事業などで大金が必要になるケースや、

予期せぬ事故やトラブルなどでどうしても百万単位のお金が必要になった場合など

給料が高く毎月の手取りの給料が100万円以上ある場合また賞与が年2回ありそれが毎回100万円以上いただけるという形であれば問題ないのかもしれませんがそんな人ばかりではないですよね多くの人にとっては100万円という金額はしっかりと計画を立てうまく節約家貯金ができる人ではないと作ることができない数字と言えそうです。

また100万円という大金を誰からそしてどこからお金を借りるのか借入先をきちんと考える必要がありそうですよね。

今回はそれらについて詳しくまとめていきたいと思います。

誰か10万円貸してください!回答集

百万円単位のお金を借りるならば銀行の目的別ローンを検討してみてください。100万円という大金を銀行から借金しようとした場合、そのお金の使い道によってはカードローン以外の金融商品も検討することができるでしょう。

100万円という大金を銀行から借金しようとした場合そのお金の使い道によってはカードローン以外の金融商品も検討することができるでしょう結婚式の披露宴の準備のためのお金として100万円が必要と言うのであれば銀行のブライダルローンを利用する手もありますこれはカードローンよりも低金利になることがほとんどと言えそうです。

資金に充てるのであればマイカーローン家の増改築や屋根外壁などの修理に当てるのであればリフォームローンが使えるケースもあります。今回例に挙げたマイカーローンやリフォームローンなどは銀行の目的別ローンは資金の使い道が限られるためそのぶんカードローンよりも金利が低くなりやすいという特徴があります

これは大きなメリットと言うでしょう。ちなみにマイカーローンを今回は例として挙げているのですがはっきりとした見積書やパンフレットなどを用意できるのであればその他の目的別ローンの審査も受けやすいのですよ

カードローンと目的別ローンの最も違う点は目的別ローンは一度借りた後は借りるのは一度きりでその後はひたすらに借金返済をしていくという形になりますがカードローンであれば限度額いっぱいまでなら追加融資がいつでも受けられるという点があります。例えばの話苦痛100万円の使う目的が明確に決まっていてそしてそれに対応している銀行の目的別ローンが存在しているのであればそちらの方が断然金利の支払い面ではカードローンよりも有利と言えるでしょう。

三井住友銀行カードローンに関する体験談をいただきましたので紹介しておきたいと思います。いきなりの借り入れで限度額の100万円を借りることができました三井住友銀行カードローンで現在の年収の1/2に相当するお金を借りた男性の話です。

まず銀行カードローンの特徴として限度額が大きいためそれ以外の消費者金融やクレジットカードのキャッシングと比較すると比較的大きな金額のお金を借りることができます。ここの特徴として限度額が大きいということはメリットの一つと考えられますが実は初回から大きな限度額を設定されているということで自分が必要以上に借金してしまうというデメリットもあるようですね。に関しても体験談を見ていきたいと思います。