300万貸して下さい

さて今回のお金に関するお悩みは、額が大きく深刻ですね。

銀行からの融資やフリーローンで解決できるのでしょうか・・・紹介していきたいと思います。

【300万貸して下さい】ローンや審査が困難な場合は

今月中に300万円貸してくれる方いらっしゃらないでしょうかできれば3年間あくまで今月中のお願いです。

誰か本当に300万を3年間貸してくれる方がいらっしゃるでしょうか。

月々の返済計画ということではなくて3年後に一括で返済という形で対応させて頂ける方3年後になりましたら120万円として返済しますもしこんな条件ではなくソフト闇金融や高利貸しといったほうじゃなくて個人間融資と形で余裕のある方にお願いしたいと思っています

残念ながらブラックリストになっているため銀鏡銀行家賃を始めとした金融機関等ではほぼ相手にされていないような状態ですしかし私としては定食で仕事をしていますので返済は問題ないかと思っていますどこで人生のボタンがかけ違ってしまったのか

正直なところ今は平常心を保つのは難しい状態です

どうぞよろしくお願いいたします直接会っていただいて私と話していただければ分かると思います。

「300万貸してください」回答①個人間融資に頼る方法

かなり深刻な悩みをお持ちのようですねしかし低金利でどこの金融機関も相手にしてくれないような人にどこの誰がお金を貸すというのでしょうか。それは貸すとよりもあげるに近いということでしょう。

例えばの話東京エリア在住であれば30から40万人で一人3万円ずつを恵んでもらうといった方法をとる方が良いのではないでしょうか

例えばの話仕事が休みの日に東京23区の渋谷でも六本木でもどこでもいいのでいろんな人に声をかけてみてはいかがでしょうか。

こういった回答しかできず非常に申し訳ないと思いますが

それぐらい無理難題をあなたは質問していると思います。

 

「300万貸してください」回答②女性専用ローンの存在

表の金融機関である銀行やアコムやプロミスなどは避けた方がいいでしょう

あなたの年収にもよると思いますが例えばの話二十歳の女性であれば100万円の借り入れはかなり難しいかと思います

50万ずつ別 50万ずつ別々のところで借金 50万ずつ別々のところで借金していくなどくわ 50万ずつ別々のところで借金していくなど区分けするとすれば誰

50万ずつ別々のところで借金していくなど区分けするとすれば多少は取りやすいかと思いますが100 50万ずつ別々のところで借金していくなど区分けするとすれば多少は取りやすいかと思いますが100万円一気にではなく50万円前後という形であればこう通過しやすいのではないかと私は思っています。

ちなみにですが、利子などは1日で少しだけですが付いて行きますよねなので借りたとしたらなるべく早く返さなきゃいけないこれは当然だと思いますが。

もし女性の方なのであれば女性専用ローンといったものもありますからどちらかと言うとそちらを利用してはいかがでしょうか

 

「300万貸してください」回答③即日融資のハードル

様々な広告やネットでの画像を見ていると、即日融資が可能とか、最大いくら借りられるといった景気のいい単語が並んでいますが、少なくない人には疑問視されているのが現状です。

と言いますのは現実的に、グレーゾーン金利が撤廃され、低金利借がしやすい状況に至っているからです。一人あたりの利息が少ないということは、利益が少なく、貸し手側に余裕がなくなっているということを意味していますので、連絡を取っても、即日ではお金を貸してくれず、また貸してくれるお金も少なかったりということが多くなるのです。

貸し倒れを防ぐための妥当な措置ではあるものの、すぐに、できれば多くのお金が手元に欲しいという借り手にとっては良い状況とは言えません。したがって、お金を即借りたいのであれば、資金力と調査力のある大手消費者金融がベターだということが言えるのではないでしょうか。もちろんそれぞれに審査はありますが、手元にいくらお金があるかで、態度が変わってくるのは妥当なところだと思います。

 

「300万貸してください」回答④ビジネスローンが有効

手元にお金が足りなくて困るということは、個人ではなくお店や会社でもいつでも発生し得るものです。しかし、無担保無保証OKな一方、貸出額の上限が低い消費者金融で事業融資をまかなうのは非常に難しいところがあります。金額が多いと即日融資も難しくなってきます。

そうした「会社レベル」の状況に対処するなら、ビジネスローンなどの事業融資の方がずっとうまくいく機会は豊富だと言えます。消費者金融のように女性担当者が多く配置されているかは分かりませんが、事業融資の専門家は、つまり会社の内情にも極めて詳しいプロ集団ですから、企業規模で困ってしまったような状況なら、極めて力になることと思います。

また、お店や会社が倒産してしまった場合、貸し倒れのリスクもまた、個人レベルよりもずっと巨大になってきますので、経営再建のためのアドバイスを頂ける可能性も極めて多くあります。消費者金融に比べて利用者が少ない分、一般的な知名度は低いですが、有効な選択肢として検討しておくべきでしょうね。

ということで、今回は300万貸してください、という心の叫びへの回答を集めてみました。参考にしてみて下さい。