200万貸してくれる人

200万貸してくれる人は本当にいるのか?!世の中にはとても奇特な人がいるのも事実ですね。お金を貸すこと=個人間融資に抵抗がない人間も一部には存在するようです。

こういった人物と巡り合うことが個人間融資を即日で成功させるコツとも言えそうですね。

今回はそんな体験談を集めてみましたので、参考にしてみて下さい。

【200万貸してくれる人】の心理がわかりますか?

別の人に100万円以上のお金を貸した経験がある人に質問です。

まずこれに関しては私の家族の話になりますが勤務している会社で同僚や先輩から保証人になってほしいとか、どうしても今お金が必要なので貸してくれないかと言った悩みを持ち上げられることも多く、家族は人が炒めあっさりとお金を貸してあげたり連帯保証人になったりしていますよ

私が一番腹が立ったのはその家族の先輩の社員が

今新築中でどうしてもお金が必要なので貸してくれないか確実に一か月後には返済するからと言われて何万円改行が聞いたら100万円ぐらい、と答えがあった為、あっさりとお金を貸してあげたようです、

そしてその後また同じ人からもう100万円あったら助かるんだけどななんて言われてこれに関してもあっさりとかしてしまったそうですね。

 

本人としては同じ会社の先輩だから間違いないに決まってると思ってるところがあるようなんですが、

返済期間である1ヶ月が来たとしてもその彼女は100万を返す素振りはなく家族もようやく異変に気づき何度か催促をしたんですが相手にキレられてしまい、 本当にしつこいなちゃんと返すよ

と言って結局向こうも合計の200万円を半年後に返してくれたんだとか。

相変わらず私の家族としては同僚などに限らず親戚などからもお金を貸してと言われているとすんなりとかしてあげているようですが、正直なところ100万円など大金を貸す時もあげるつもりで貸してあげているようなんですが。

今回の同僚県からは運良くお金を返してもらえることができましたが。血縁関係のある親や兄弟からは全くと言っていいほど返金の見込みはないそうです。

ちなみに借りた人間達も私の家族から借金をしたことすら忘れているようです。皆さんは多額のお金を誰かにかされた経験はありますか。

 

「200万貸してくれる人」回答①個人間融資はお勧めしないが

どうしてもお金の貸し借りというのは揉め事になりやすいなものですよね。借金をさせた段階でもはやそれはあげたものを落として考えるしかないと思いますが、100万円とか金額が大きくなればなるほどそうも言ってられないですね。

ちなみにですが私は私の友達に最大で5千万円を借金させた経験がありちなみに今も返済は続いているような状態なんですよね

それ以外であれば10万円や20万円と言ったお金を知人や友達に借金を依頼され、、 やはり中には返してくれなかった人もいます最大では600万円を踏み倒されたこともありました

そしてそこから学んだことは信用しているからこそしっかりと担保を取って

返済方法と返済の期日をしっかりと決めて借用書をつくるということですね

一番ダメなのは期日が決まっていないことや口約束などで済ませてしまうことそれが信頼関係を壊すための大元と言えるでしょうね。

基本的に借りた側の人間は自分の都合で借金を返済しようとするのですがその途中過程で他に使いたいということがあればお金をそちらに優先して使うことになるため借金返済は後回しになってしまうようです。

そういった人たちにもずるい考えがあり銀行ローン会社から借りずに友人知人親戚から借りるということを洗濯するようですね。

ちなみに私の今はと言うとお金を貸す時は確実に借用書を書いてもらって条件としては散歩が連帯保証人をつけてもらうようにしていますかりにそれが5万円だったとしても

もしそれをしないのであればもう最初からあげるというように応えるようにしています

もしお金を借りるのであれば銀行から借ります。

ちなみに連帯保証人になってくれないかと言った依頼に関しては自分の身内以外はもう断るようにしています

なぜならば連帯保証というのは自分が借金したと同義な上になおかつ自分の退院対応不可能な所でその借金が返済されてその借金返済が滞ってしまいと全ての責任が自分に来てしまいます。

もし自分が連帯保証するくらいなら自分が借金してますっていうことを選択するでしょうこれであれば自分の対応範囲で借金を返済することが可能になりますから。

結論としましては、一番は借金させないことをそして自分自身も連帯保証にならないことがベストだと私は思います。

 

「200万貸してくれる人」回答②借金返済を期待していない人も

私の過去の経験としては会社を経営していた友人に100万円お金を貸したことがあります。ちなみにはじめからその100万円は返ってこないと思ってましたね。

そして現在ももちろん返済されていませんよね。

私が彼に借金をさせた理由としては自らの手で人生の幕を閉じてしまうのではないかともしそのきっかけを自分が作ってしまったのであれば気分が悪いなと思ったのでと言ったわけです。

ちなみに金額の多いとか少ないとかっていうのは人によっては形なりますね。

借金をしたとしても返金されてこないという額であればそれはリスクだしもしその友人が家を買うと言っていても実際は、ギャンブルの追証などに当てている可能性も十分にあるでしょう

私の持論ではありますが借金をさせてくれと言ってくるものには正直なところまともな人はいないと見て間違いないでしょう。

お金を貸したとしてもそのお金を全額立て替える必要があるという可能性があることは非常に危険ですよね

それがもし何とでもなるというのであれば契約書には上限いくらでも私が保証しますよと明らかな金額を記載してなおかつ第三者立会いのもとでその書類を作成しコピーを自分で保存しておきます。

日時と場所その場にいた人なども書き込んでおきましょうね

ちなみに署名をしていたとしても捺印をしていなければいざという時になっても反論の余地はあると言えるでしょう。だとしても無限責任を負うのはあまりにも危険なので、友人など信用のおける人であったとしても絶対に借金をしてはいけないと私は思います日常は大丈夫だとしてもその人間が追い込まれた状態になったとしたらあなたを裏切るという選択をするのは目に見えていますよね。

私はこれ以上正直者がバカを見るのを見たくありませんからね。

ということで、もしかしたらこういう人間と巡り合うことができれば200万貸してもらえる可能性はありますが、あくまで人間を利用してお金を工面するという考えはあまり良しとは思いませんが。あなたの即日融資が成功しますことを願っています。