無職でも借りれる, 絶対に貸してくれる金融?!

無職の状態でお金を借りることができるのは銀行カードローンを除くとソフトヤミ金しかないでしょうか。 今回はこんな借金に関する相談をいただきました。

ソフトヤミ金が気になる無職の男性

現在、わたしは無職の者です。これまで正社員として働いていましたが、もうすでに、無職は2年ほど続いています生活の基盤としては実家住まいのため、生活ができないってことではないのですが、なにぶん、収入がないため、欲しいものが買うことができません。

生活に必要ではなく、あくまで自分が個人的に欲しいものに関しては実家の両親にお願いをするわけにもいきません。 どこか無職でもお金を融資してるところってないのでしょうか? しかし基本的に無職でもOKなところってほぼ聞いたことがないし、怪しいところが多いですよね。いわゆるソフトヤミ金とかいうところでしょうか。

無職でもお金が借りられるのか

例えばあなたが専業主婦という立場であればお金を借りることは出来ると思います。

しかし、単なる無職という状態であると一般的には銀行のカードローンなどでシャキーン!をすることはかなり難しいというでしょう。 自分でも思っているようにソフトヤミ金なのであれば、無職だろうと貸してくれる可能性は大いにあるといえるでしょう。しかし借りたその時は良くてものちのちうちに連絡がきたりするかもしれないし、さらに借金をしようなんて言われてしまったら、目も当てられないことになる可能性がありますね。

実家住まいということだったので、実家の家族にも影響を及ぼす可能性だってありますからね。 考えてもみてください、自分の子供が無職だからと言って、ソフトヤミ金に手を出していたとしたら結構ショックなことではないでしょうか。

安易に借金せずに実家住まいのメリットを生かす

一般的に言うのであれば、実家暮らしで、生活が保障されているのであれば、自分が欲しいものはアルバイトをして買うのが1番いいと思います。 しかし世の中にはアルバイトでさえしたくないって思う人が多いですね。そうなると選択肢がさらに少なくなってしまうでしょう。 そうなると残された手段としては、手順にある金目の物を売るといった手段しかないかもしれません。 それでもカードローンが気になる。 それでもカードローンが気になるという人には、一応情報を展開しておきたいと思います。 ちなみにご存知の通りかと思いますが、カードローンは店舗に行かなくてもネットだけで完結できるケースもかなり効果あり限度額の範囲であれば何度でもお金を出し入れすることができ、お金準備速度はできませんね。

いつでも必要だけど金が利用できる。これってとても便利だと思います。しかしこれに関してはもちろん審査を受ける必要があります。そして審査を通過してようやくお金も彼のことができるという状態になります。 私がお勧めするとしたら、安易にソフトヤミ金等を利用するのではなく、一旦はパートやアルバイトという形で、定期的な収入を得る状態にしてから、申し込むのが正しいのではないでしょうか。

もちろん正社員として働くのが1番ベストだと思います。 いずれにせよどこかのタイミングで仕事しなくてはいけない時が来ると私は考えていますので。 ちなみに先ほどから、ちょくちょく話題に上がるソフトヤミ金というものも消費者金融という扱いになりますので、総量規制法の対象になります。 全く収入がゼロという状態では利用するのはかなり難しくなるといえるでしょう。当然といえば当然ですね。貸したお金は返ってこない可能性が非常に高いわけですから。

銀行のカードローンを利用する方法

そしてもうひとつの手段か銀行のカードローンの場合は総量規制法の対象外となっていて専業主婦の方もあり押しやすくはなっていますが、無職でカードローンを利用する場合はやはり厳しい条件があり、例えば主婦の場合であれば配偶者の方に安定した収入があることそしてもう一つ、ただ現状の年金を受け取っている場合は年齢制限があるわけですがしっかりとした安定収入があるということになり融資を受けられる可能性が高いでしょう。 もう一つ学生の方の場合は学生専用のローンというものもあるとしてますか?

例えば、業者により審査の基準お金を借りられる範囲というものはかなり幅がありますね。申し込んだ時にはしっかりとその後の証券を確認して業者を選んでいくようにしましょう。 例えば無職という状態がまずいのであれば、一旦は通わずにすむ大学などに、進学し、一旦大学生という立場を確立してみてはいかがでしょうか?

これにより職業が無職から大学生になることになり、学生ローンという形でお金を借りる可能性があるのではないでしょうか。

一般的な話となりますが、大学生という身分は結構強いです。子供を大学に通わせることができる家ということで、これはすなわち、収入が安定した家庭であるという世間の認識になるわけです。 そうなると銀行のカードローンを利用したりする際にもかなり有利に働くと私は考えています。 あくまで仮説ですので、実際に行動に移す場合には、司会と考えた上で行動するようにしてください。